ブログ(Blog)

【定員内不合格について(沖縄タイムス紙のアンケートから)】

Facebookの投稿が少し長めになってしまったのですが、大事なことなのでBlogにも書き留めておこうと思います。

夕方の新都心にて挨拶運動中、バイクの方が近寄ってきて少しおしゃべりを。
教育関係の方でした。
新聞紙面の予定候補者アンケートを見て、私に決めたと言ってくださいました。

そのアンケートとは「県立高校の定員内不合格について」
この質問は重度知的障害を持つ方が高校受験するが、その高校の定員に達しないけれども不合格となった件、貧困による学びの格差の件からだと思います。

ちなみに私の答えは△でした。

私の周りの障害を持つお子さんを育てている方との話をしたことを思い出しました。
「普通高校に行かせたい親の気持ちもわからなくはないが、特別支援学校はその名の通り支援がしっかりされている。子どもたちの将来を考えると、そこで専門的な教育を受けることも良いことだと思う」と言うことでした。

また、定員内だからと言って全てを受け入れるのであれば、教師は入学時の生徒の学力の格差の是正にもかなり頭を悩ませるのではないかと感じます(教員の知人にもそう言われました)

諸々ありますが、インクルーシブ教育の質問へは添付写真のように答えています。

様々な課題問題には、内容をまだまだ理解がなされていないこともあり、一足飛びに解決はしないものも多くあります。

この点では、まずは特別支援学校の支援の充実から、普通高校との交流を増やすこと。
これは高校だけでなく、小学校からもできます。
そして、理解度を高めていくことで、普通高校での受け入れをしやすい環境づくりをすべきだと。

また、今後の沖縄は少子化の影響の可能性もあります。
日本全国同様ですから、高校の在り方も変わるはずです。
なので、通信環境の整備や学校施設もそれを見据えての整備を。

必要なことは急ぎ取り組みますが、教員や親への働きかけも考えながら行わないと、いずれ破綻してしまいます。

また、高校だけが進路ではなく、将来の職業について真剣に考えていくと、中学卒業での早い段階で就業もありです。
ただし、いつの日か学びの意欲が出たときに、受け入れられる環境を作ることも大事です。

このような環境づくりこそが、「本当に誰も取り残さない沖縄」であるのではないかと思います。

※事務所の拭き掃除にと瑞泉酒造の78度飲料用でない泡盛をゲット!
那覇の酒蔵だけに「78なは」なんですねー(たぶん)
収束の雰囲気ですが、油断は禁物です!

しかし、腕黒いなぁ…日焼け止め重ね塗りだ。

新型コロナウイルス感染症に伴う助成金・給付金一覧

新型コロナウイルス感染症に伴う助成金・給付金等一覧
新型コロナウイルス感染症に伴う助成金・給付金等一覧

自民党沖縄県連が作成した新型コロナウイルス感染症に伴う助成金・給付金の一覧PDFです。児童手当の1万円給付は特に申請は必要ありません。

不明な点、お困りごとありましたら、ご相談承ります。

から直接お問い合わせください。

新型コロナウイルス感染症に伴う助成金・給付金一覧PDF

首里出身として首里住民として 円覚寺三門復元整備

なかなか知名度向上に向けての活動が厳しい状況です。
戸別訪問も難しい中、戸外での挨拶活動は少なからず知名度に繋がると信じ新都心にて。
4月末には珍しい寒さなのに車の窓を開けて声をかけてくれる人もいて嬉しい限りです。
選挙は落ちたら自分を信じて応援いただく皆さんの時間と努力が無に帰してしまいますので、様々なご意見はありますが、できることに愚直に取り組んでいきます。
 
昨日、4月25日(土)の沖縄タイムス1面に円覚寺の整備について取り上げられていました。
1984年策定の「首里杜構想」を「新・首里杜構想」としてリニューアル!
 
円覚寺三門や中城御殿、御茶屋御殿を整備するという流れですが、これまでの構想では2018年に円覚寺三門は完成目標となっていました。
しかし、なかなか財源が伴わずに着工には至らず、やっと着工ということになりました。それ自体は地元民としてとても喜ばしいことです。
私は今後の沖縄県の復興のシンボルとして早期に再建していくべきだと思います。
沖縄の収入の柱のひとつとして、今後も観光の強化と質を上げていくことは必須です。その材料の一つとなりうると思います。
しかし、コロナウイルス禍の後で本当に財源の確保捻出できるのか?と感じます。財源の確保の手腕が県には求められます。
 
今回火災で焼失した文化遺産も多く残った文化財の保管についてもしっかりと環境整備をしていくことも重要だと思います。
また、交通渋滞や地域にお金が落ちないという首里城観光の課題についても十分に検討した上での再建をするべく、地元首里の出身として地域の声を伝えていく、再建・整備の財源確保についても声を上げていく役割を担わせていただきたく、その覚悟はできています。
精一杯励みますので、どうか皆様のお力添えいただければ幸いです。
 
※今日(4月26日)のタイムス紙には高良倉吉先生のコメントも掲載されていましたが、整備が進むと作業がしづらくなる中で、どのように見せる再建をしていくのか、地域のものとしては非常に楽しみです。
そして第32軍司令部壕のVR活用についても記載されていたので、その公開も待ち遠しいです♪

政策チラシができました。

久々の投稿になります。

新型コロナウイルスの影響が日々大きくなっています。

私の家業の菓子屋も多分にもれず、売上が大きく下がっていることを父から聞きました。

沖縄観光が好調と言われていただけに、多くの事業所がその落差に驚き困っていると思われます。

今を乗り切ることも大事、そして今後の復興に向けての仕込みもしていかなければならない状況です。

そんな中、6月には沖縄県議会議員選挙が予定されています。

私も挑戦すべく様々なご意見をいただき、政策を策定しています。

もちろん足りないところも多いのですが、その点については今後もお話を伺いながら、取り組みをしていきたいと思います。

ぜひお話を聞かせていただければ幸いです。

そんな「新垣よしとよ」の政策について

チラシができましたのでご覧いただければ嬉しいです。

新垣よしとよ配布チラシ

夜間保育について

愛媛県松山市から来ている岡 雄也市議、岡田 教人 市議のお二人と夜間保育の視察へ行ってまいりました。
遅い時間に引き受けていただいた玉の子保育園の理事長・園長には感謝いたします。
偶然にも昼間は従姉妹の子どもを預かっているとのことで、お話の出だしから親近感も増した中、理事長と園長の子どもたちへの想いを聞かせていただき、那覇市、沖縄県でも夜間保育の必要性とそこに勤める保育士さんたちへどのように報いるのかを考えさせられました。

沖縄県の施策のわりには夜間保育は充実していないと感じます。

夜間にホテルや空港にお勤めになる方々もおり、それ以外でも夜間の業務をなさる方もいらっしゃいます。他にも物流ハブを担うのであればその部分でも夜勤は発生します。また飲食店にお勤めの方も多くいらっしゃいます。もちろん、子どもが小さなうちは家で夜を一緒に過ごすというのがベストなことは言わずもがな。しかし、実際には多くの子どもたちの保護者が夜間保育を必要としています。

夜間保育の配置基準は昼間と一緒だそうです。夜寝ている間でも何かあった緊急時の対応が必要な時には人手が必要だからでしょう。昼も夜も同様に保育士さん達は小さな命を預かっています。また、小学校に上がる前の教育まで担っているのに世の中の評価や報酬は不十分ではないかと良く耳にします。私ももう少し処遇を上げる必要があると感じています。
これは市や県だけの問題ではないと思いますが、国に上げる前に地方行政で何ができるのかをまず考え、やってみる。
沖縄、那覇市から子育て課題の解決法を発信していくことで、周りの都道府県への広がりを作ることができるのではないかと思います。
どのような取り組みをしていけば良いか考えて提案していきたいと思います。

自由民主党公認いただきました!

久しぶりのBlog更新です。

すでにSNS(Facebook、Twitter)にてお知らせいたしましたが、去った2019年12月に来る2020年6月の投開票が有力視されている沖縄県議会議員選挙に向けての那覇市・南部離島区における自由民主党公認をいただきました。

選挙区は那覇市・久米島町・座間味村・渡嘉敷村・渡名喜村・粟国村・北大東村・南大東村の1市、1町、6村です。

那覇市議会議員として那覇市の課題や将来を主に考えてきましたが、やはり周辺の市町村との連携、そして何より沖縄県全体のビジョンについて、今、私達の世代として提言していかなければなりません。

特に2021年には現在の沖縄振興特別措置法も期限を迎えます。

沖縄振興計画は当初の米軍統治下にあった時代からインフラの整備を含めた本土との格差是正から、現在の自立経済の構築、そして今後はどうすれば沖縄が日本の牽引役となるのかということを考えて次の10年の計画を作って行く必要があります。

他府県から沖縄をこれ以上振興する意味があるのか?と言われるほど疲弊している地方もありますので、国としてもこれまで通りとはいかない、かなりシビアな見方をするのではないかと考えられます。

しかし、この沖縄でも所得格差や、離島間の格差なども大きく、産まれてから一生を終えるまでの間でも島嶼県ならではの課題もまだまだあります。

医療・介護の面では十分に人材を各離島に配置することもできないどころか、本島での医療人材・介護人材の確保すらままならず「県民の命を守る」ということにおいてもまだ不十分ではないでしょうか。

さらに、国を守るという面では離島の定住もしっかりと行わなければいけません。出産、子育て、教育、就労などにおいても住んでいるところの違いや親の所得の違いで差ができるのではなく、挑戦する気持ちがあれば「格差のないスタートができる環境づくり」をすることが何より必要です。

まだまだ経験も乏しい、1期目も途中なのに、など私に対しての不安を仰るかたも多くいらっしゃるのも承知しております。

しかし、この時だからこそ、この世代の政治に関わる一人として、沖縄県議会での発言をしたいと手を挙げさせていただきました。

また、私の地元である首里にも昨年2019年の10月31日に衝撃が走りました。そう、首里城正殿を含む7棟が焼失した大規模な火災です。

立候補について悩んでいた私の背中を押したのはこの火災でした。

それまでも地域の方々から首里城を取り囲む環境についての意見をいただいていました。オーバーツーリズム・観光公害という言葉が近年では定着してきましたが、首里城付近の方はこの30年もの間、実は大きく悩まされていたのです。

今回の火災は本当に悲しむべき残念なことですが、再建を国が責任をもって行うということでありますので、このタイミングだからこそ、「地域に根ざし、地域の声を県政へ反映させる」ために。それが、最後のひと押しでありました。

私達が生まれ育ったこの沖縄の大事な文化の象徴としての首里城の復興を考えた時に、今を生きる私達の世代が何を残してくのかということも考えさせられました。

家業として伝統菓子を生業として生活をしてきたものとして、「伝統」ということについてとても考えています。

伝統は統(す)べて伝えると書きます。その時のベストなものを次に伝えていくことだと思っています。

私達の最善とは何か、多くの方と語り合って、それに向かって一緒になって動いていく。

沖縄県としてこれまでの「文化を受け継ぎ、新しい文化の想像に向かっての支援」をしていく。そんな活動をしていきたいと考えています。

那覇市の課題だけれども…

私がこの2年と少しの間に議会質問で取り上げた「国際通りの迷惑看板問題」
先週行われた取り締まりが沖縄タイムス紙に掲載されていました。

https://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/499012

那覇市や沖縄県、那覇署などは13日、国際通りで問題になっている客を呼び込むための「A型看板」などの解消を目指し、見回りを実施した。午後4時半からの2時間で確認できた迷惑行為は32件。

せっかく、歩道を広くし歩行者のある空間を確保したのに、そこに違法な看板が設置されていることで、その意味をなさない状況です。

那覇市もめんそーれ観光振興条例でこのような迷惑行為を規制していますが、罰則がないことから注意をしても取り合ってもらえない状況です。
地元商店街からは、罰則設置も念頭に置いてほしいと要請があります。
本来であれば、法とマナーを守ることで、このような注目はなされません。

ここでの課題は道路管理者が沖縄県、商店街は那覇市が、交通に関しては警察が担当と言うことになっていることではないかと思います。
那覇市にも、非常に多くのご意見が寄せられていますが、その担当の違いによりできることが限られてしまいます。

道路管理者の沖縄県は地元から声をしっかり汲み取るべきだと思いますが、南部地域の広域管理をしているためか、対応が鈍いと私は感じます。

だからこそ、地域の声を聞く、地域に根ざした県議会議員が必要だと感じています。
市町村は身近な行政で、県政は少し遠いと感じられる方も多いと思います。
しかし、このように私たちの生活の中にも県政に直結する事柄がたくさんあります。
市町村と沖縄県さらには国政としっかりと連結をして取り組み、少しでも良くしていきたいと思います。

小さな事かもしれませんが、実現しました!

平成29年に那覇市立城西小学校のPTA会長をしていました。

その前の年には副会長とスクールゾーン委員長を兼任。

那覇市の連絡協議会への出席をした際に、毎年同じようなことを要請するのだが、担当は警察?道路管理課?それとも教育委員会?かもわからず、どのような進捗になっているかも不明でした。

そこで、私が市議会議員になったときに、その経験を踏まえて平成30年9月定例議会でも提案したことが

「各小学校の要請事項をウェブに掲載して欲しい」

です。

どこが担当して、進捗はどうなっている?などがわかるようになりました! 小さなことかもしれませんが、市民としてはこのような情報が欲しいんですよね。

https://www.city.naha.okinawa.jp/child/education/kyouikugakukyou/jigyou/H30yousei.html

そして、本庁舎の1階、ハイサイ市民課の窓口にあるテレビ。

定例議会の時にもそこではバラエティ番組などが放映されていました。

そこに、市議会の様子を映してほしいと要望したところ

今議会から実現!!

これも29年の12月議会と2年近くかかってしまいましたが、少し前進です。

これからも本ブログやSNSを通して議会とは、市議会議員とは何をしているのかを発信できればと思います。

みんな高校野球に目が釘付けのハイサイ市民課前のテレビ(笑)

協働とは?

昨日、「那覇市民と市職員が語る☆協働20年☆協働のNEXTステージを考える」と題した講座へ参加してきました。

市民、職員合わせて80人ほどが参加しており、市議会議員も私を含めて5人が会場におりました。

「あけもどろのまち那覇」から「協働のまち那覇」へと動きはじめ20年が過ぎ、当時の担当職員を招いての講演とグループワークとして4-5人で「あーだこーだ」と協働について話をいたしました。

私のグループ内でも

「縦割りでできないということを言わずに、庁舎内の協働をしっかりしてほしい」

「むしろ、外部の専門集団に様々依頼をするのであれば、多くは望まないので庁内調整をするだけでいい」

「アリバイ作りのワークショップはいらない」

「市民は結構本音を語っているのだが、受ける方の真剣味が足りない」

などという辛辣な意見も多く出ました。

これまでに議会質問でも市職員がどの程度地域活動をしているのか?と聞いたこともあります(議事録2018年2月定例会)

昨日の二次会交流会で市職員が地域活動をすると、そこで窓口となってしまうため、対人スキルが充分でないと責任感や業務と地域活動の板挟みで弱ってしまうという話もありました(それこそ、庁舎内調整だと思うんですけど)

私も個人的に協働をどこまで求めるのか(レベル、そしてどの範囲の人)ということはモヤモヤしています。

同僚議員と話をしていても、協働は市民の力を搾取しているだけだという意見もあります。

しかし、今後を考えると様々な行政支出が増大するだろうと言われています。人口減、老齢人口の増と生産労働人口の減などを勘案すると行政予算だけで物事が成り立つかは不透明です。那覇市も厳しくなると思います。

協働のあり方について、「これまで」「これから」をしっかりと予算面や人材面も含めて検証するいいタイミングではないかと感じました。

※あけもどろ 沖縄・奄美諸島に伝わる古代歌謡「おもろさうし」のなかで語られた言葉で、明け方のころ、朝日に染まりはじめた美しくも荘厳な様子を賛え表す言葉。また太陽のことをさす場合もある

文化について(伝統工芸館は本当に必要か?と合わせて)

今回のお題は昨年2018年の6月議会に質問をした伝統工芸館について(議事録参照)を1年経って2019年6月議会において質問しましたこと、合わせてブログ版として、食文化、琉球料理保存協会設立についてです。

まずは伝統工芸館から。

以前は人間国宝の作品をはじめとする収蔵品の保管状況があまりにもひどい状況でした!

女性休憩室にある桐ダンスに人間国宝の作品が…

本年度4月からこれまでの委託管理から市直営にかわりましたので運営に関する状況を確認いたしました。

課題としては集客をしなければいけない、事業へのお金のかけ方を改善する必要がある

ということでしたが、昨年の11月には直営と決まり、すでに半年以上が過ぎました。

運営計画を聞いたところ、現在(2019年6月18日)は運営計画もなく運営されている!

それも事業費は5500万円!!(収入もあるので実際は2000万程度)

本当にがっかりしてしまいます。

市内では6つの伝統工芸品が生産されています。

首里織、琉球紅型、琉球漆器、壺屋焼、三線です。

これらをいかにして次に繋いでいくのか、それも残すだけでない、発展をさせていくためには?ということをしっかりとそれぞれの組合や利用者の方々と詰めていかねばなりません。

那覇市でも壺屋焼博物館や首里に琉球紅型・首里織の施設が予定されていますが、ビジョンと計画を生産者と作っていかねばなりません。

また、2019年8月21日に琉球料理保存協会の設立総会がありました。(琉球新報ウエブニュース2019年8月7日 09:59)

過去には、戦後の食生活の変化で衰退が懸念されていた伝統料理の再興を目指し、沖縄調理師専門学校創設者の新島正子氏と琉球料理店「美栄」創設者の古波蔵登美氏が1962年に「琉球料理研究会」を立ち上げ、歴史研究家らを交えてレシピ作成などに取り組んだ例がある。

現在、家庭料理も含め約200種のレシピがあるとされるが、近年では若者を中心に琉球料理離れが進む。ポーク缶を使ったチャンプルーが「琉球料理」として出回るなど、伝統食の定義を巡る課題も指摘されている。観光産業や飲食業にも影響が及ぶとし、幅広く人選が進められてきた。

沖縄タイムスプラス2019年1月16日 05:01 沖縄の伝統食・琉球料理 定義めぐり課題も… 正しい継承目指し「保存協会」発足へ より

とあります。このような活動が民間主導で行われることにはとてもうれしく頼もしい限りです。

工芸、食、芸能など文化と言われるものについては、できた当時との環境が異なること、なかなか対費用効果が見えづらいこともあり、お金をかけづらいです。

また、これまでもできては消え、できては消えと繰り返されて残ったものが文化だと言う人もいますが、現在のような世界各地の情報や物が飛び交う時代には放っておくと画一化される恐れもあります。

そして地域の特色が地域への想いになり、それが外から見る人、来る方に対しての他との違い、いわゆる売りとなりますので、観光を一つの柱とするのであればとても重要であります。

私も食文化を自身の背景にもつものとして、主体的に動いていこうと思います。