ブログ(Blog)

今回からNowです。議会報告紙TaN(Think Talk about Now) Vol.10発刊しました!

これまで那覇市議会議員時代の議会終了後に発刊していた「TaN」Think/Talk about Naha 「那覇について考え話しあおう」が県議会議員就任にあたり Think/Talk about Now 「今について考え話し合おう」というタイトルに変更となりました!

「未来(あした)のために今やろう」というキャッチフレーズで取り組む活動にも合うのではないでしょうか。

TaN掲載の「首里あの町この人」の完全版は→コチラから

PDFのダウンロードもできます→Downloadページ

 

B4サイズのTaNを必要な方は以下のフォームのメッセージ欄に発送先(必須)、できましたらお電話番号をご記入ください。

郵便にてお送りさせていただきます。

 

令和2年度9月定例会閉会 沖縄県行政は健全か?

今回のブログは少々厳しめに県政に対しての苦言が含まれております。

昨日の9月議会最終日に出た2点の意見書に関する投稿になります。
ポイントは2つです。
1:意見書は2点ともオール沖縄内部の足並みが揃わず。
2:自らのメンツを優先、県職員を守らない与党と県三役。

本議会、私の一般質問の様子などはコチラ

まず、最終日の10月13日、沖縄自民党会派からは仲村家治議員が代表して提案させていただいた【那覇港湾施設(那覇軍港)の早期移設と浦添市西海岸開発計画の早期実現を求める意見書】は賛成多数(賛成:自民党、公明党、無所属の会、おきなわ、退席:てぃーだネット、反対:共産党、沖縄・平和)にて可決なされました。退席したてぃーだネットは「移設協議会での議論がない状態では賛否を示す時機ではない」との理由でしたが、移設協議会に応じていないのは沖縄県です。県議会だけでなく、浦添市議会、那覇市議会でも早期移設についての意見書が出されています。

だからこそ、早い協議を行い、移設実現のためにもこの意見書には賛成し、県執行部に対して直言すべきです。

知事を支えるオール沖縄陣営の対応が分かれたことは今後の政局に非常に大きな影響を与えます。

 

もう一つの意見書についてです。

与党会派提出予定の【辺野古新基地を断念し、米軍普天間飛行場の即時運用停止、閉鎖・撤去を求める意見書】が取り下げられました。

地元紙でも以下のように辛辣なタイトルになっています。

沖縄県議会で提案取り下げ 玉城デニー知事与党の「目を疑う失態」とは

13日の県議会最終本会議で、与党3会派は提案予定だった名護市辺野古の新基地建設断念などを求める意見書と決議両案を取り下げた。両案に残った新型コロナウイルスと基地問題の結び付けは「政局利用だ」との批判から、可決の見通しが立たなかったためだ。2020年10月14日  沖縄タイムス

議会には議会運営委員会という各会派から委員が参加し議会日程や質問の内容など運営に関わることを話し合い、その内容で議会が進行なされる重要な委員会があります。

その委員会において与野党の文書の確認を経て(←ココ大事)通過し、討論の通告もされた後に文言が「議会事務局の不手際」によって提出文書が間違っていたという理由で修正したいとの申し出があったようです。

もちろんそれは野党会派には認められずに意見書を取り下げる結果となりました。

沖縄県議会、軍港早期移設要求を可決 辺野古意見書は見送り

一方、与党3会派が提案を予定していた辺野古新基地建設を断念し、米軍普天間飛行場の即時運用停止、閉鎖・撤去を求める意見書は、文言調整が整わず、提出を見送った。文言調整を巡り、本会議当日に意見書案が取り下げられるのは極めてまれ。 毎日新聞 2020年10月14日

本当に事務局の不手際であれば職員は責任を痛感し、謝罪することが求められます。

しかし、本当にこのような不手際があったのでしょうか?

当初案であれば意見書の可決が望めないということで、「事務局の責任に転化し」議会運営委員会を通過した案を突如変更して本会議に諮ることは、議会運営の根幹を揺るがすことに繋がります。

公明党会派が当該意見書に対し反対討論を通告したことが、直接的な引き金となったようですが、与党会派に対しては県執行部(知事)側から議会意見書の賛否についての働きかけもあったとの話も聞こえております。

これが本当であれば与党は自ら議会運営の独立性を貶めていることになるのではないかと感じます。

県議会でもかなりの議員から追及がなされた那覇港管理組合の意識調査のことも然りです。

これまで浦添市が那覇軍港の移設先として、国・県・那覇市との協議で意見の一致を見なかった北側案に対して譲歩する動きを見せました。

「北側へ配置受け入れる」浦添市長が了承 南側案から一転 那覇軍港移設 沖縄タイムス 2020年8月18日 17:08

いよいよ動こうとしてきたこのタイミングで、那覇港管理組合が急遽の意識調査を行うと言う情報が入ってきました。

しかし、その調査は那覇港管理組合の構成団体(沖縄県・那覇市・浦添市)のうち那覇市と浦添市の意見も聞かず、勝手に「見直し案」と称したイメージ図(と県知事部局は言い張る)を掲載した内容で管理組合議にも通知されていおらずに調査費として407万円の支出を行いました。

両市から、9月28日、29日に抗議文が那覇港管理組合に提出されたことで、私も当初の予定の質問内容の組み立てを変更し一般質問を行いました。この件は副管理者が決済を行ったと言うことで、県議会では管理者(=知事)の責任を認めることもない答弁がなされましたが、一般質問で複数の議員からの追及により、調査の中断が発表されました。

この県議会定例会でも、管理者(=知事)に対しての質問に対し、那覇港管理組合での案件に当事者でない土木環境部長が答弁を繰り返すなど、部下への押し付けも見受けられました。

さらに、後日行われた那覇港管理組合臨時議会において知事=管理者が謝罪をすると言うことになりました。

浦添民港意識調査で玉城知事陳謝

那覇軍港の移設先になっている浦添市沖の民港のあり方などを県民に尋ねる意識調査が、抗議を受けていったん中止したことについて、那覇港管理組合の管理者を務める玉城知事が9日開かれた組合の臨時議会で陳謝しました。
(NHK 沖縄  NEWS WEB 

この程度の調査であれば元々あるサイトを活用すればもっと安い金額でできるだろうとも言われております。また、このウエブアンケートは本当に県民が回答しているかもわかりかねます。このようないい加減な調査を執行したことから(※注)100条委員会が設置されることになりました。その委員会において今後の追及がなされていきます。現県政の堕落ぶりには、目を覆うばかりですが、覆ってばかりではいられません。

那覇港管理組合議会が百条委を設置 十分な説明なく港湾計画で県民意識調査 琉球新報 2020年10月9日 21:36

これが沖縄県の行政で行われている、議会を軽視し、地域を軽んじ、職員に押し付けている政治の状況の一端です。10月14日から決算特別委員会が開催されます。その場を通して県政に対して提案、追及としっかり取り組んでいきたいと思います。

※注 100条委員会とは

https://www.asahi.com/topics/word/百条委員会.html

首里あの町この人 第1回 前田 曉寬さん(ブログバージョン)

首里あの町この人 【第1回】

事務局わたなべの首里人リレーインタビュー

首里の魅力は人にあり、ここから沖縄の未来が見えてくる。

 

 

 

前田 曉寬(まえだ あきひろ)さん

好きな食べ物 ヒージャー汁    お住まい 首里桃原町

 

【地域のつながりが沖縄の未来を担う】

記念すべき第一回でございます。前田曉寬さんにインタビューをお願いいたしました。

新型コロナウィルスの影響で中止となる予定の琉球王朝祭り首里(旧称 首里文化祭)、今後に向け実行委員としてのお気持ちをお聞かせいただこうと思っておりましたが、お話させていただくと、活動そのものだけではなく、その先にある地域の人と人とのつながりを大切にする、首里の未来へと続くとても素敵なものでした。

 

わたなべ)まずはご出身など自己紹介をお願いできますでしょうか?

 

出身は兵庫県の山あいの町。幼少期は自治会や近所付合いの多い、地域コミュニティー力にしっかりと支えられた環境で育ちました。

高校を卒業後大阪へ就職するも阪神淡路大震災に被災し、住む場所、職場を失う中、瓦礫撤去のアルバイトや復興のためのボランティアに携わり、助け合い、触れ合いの大切さを改めて感じました。

その後、琉球大学へ進学し、沖縄の宜野湾市に移住。はじめはなかなか馴染めない沖縄文化であったが、学生時代、塾講師のアルバイト先の先輩にみっちり沖縄を叩き込まれ(主に飲み会だったみたいですが。)すっかり慣れました。(泡盛も最初は苦手だったもののいまでは、、、)

 

わ)首里に住むきっかけは?

 

結婚そして子供が生まれ、私の両親との同居がきっかけでした。かみさんが首里高出身だったり、義父母が首里に住んでいるというのがあるかもしれないのですが、実際は、それほど深くは考えていなかったかもしれません。

引っ越す前に娘が通っていた幼稚園の友達のお父さんが桃原町で旗頭をやっているという不思議な縁もありましたが、それは後で知ったので偶然ですね。

 

わ)新垣よしとよ県議とのお話もよろしいでしょうか?

 

新垣よしとよ県議との出会いも子供つながりで、PTA活動や城西小学校区まちづくり協議会でのものでした。県議の知識の多さ、交友関係の広さに何度も救われることがありました。地域のために活動するうちに、親しくなりました。(県議からは前田さんはみんなのために身を粉にして働いてくれる、頼りになる方とお話を伺いました。)

 

わ)琉球王朝祭り首里について今のお気持ち聞かせていただけますか?

祭りで旗頭ができないことも残念ですが、それ自体より、この活動が青年会だけでなく、敬老会や子供会も含む地域のつながりの中心にあったため、それがなくなることで、人と人とのつながりも希薄になっていく、そこに危機感をもっています。

活動を通じて、地域の子供たちの成長をみんなで見守ることができます、その子供たちの成人となった姿を見た時などは感慨ひとしおでした。

3年も開催されないと、子供たちはあっという間に大人になってしまい、顔がわからない子も中にはいますので、子供たちの成長や地域のつながりにとっても祭りの重要性を感じています。

 

わ)これからの地域活動についてお願いします。

 

最近は見かけることも少なくなった夏休みに地域住民で集まってのラジオ体操ですが、桃原町では開催しており、集まった子どもたちにラジオ体操のハンコを押してあげています。子供のころは押してもらう側だったのが、いつの間にか自分が押す側になっていることにハッとしました。そういえば子供のころ近所のおじさんに押してもらっていたなぁと。あのおじさん・おばさんたちに私たちは見守っていただいて育ったのだということを改めて気づかされました。

ちょっとしたことですが、なにげないふれあいが地域の力を支えていますし、みんなが安心安全な暮らしを送れる基礎となっているので、身近なところからできる取り組みを積み重ねていきたいと思います。

 

[ 編集後記 ]

首里の伝統を受け継ぎ、次代を担う前田さんの活動は、さらに次の世代へとつながり、沖縄の未来をつくる。家族の在り方も変わり、つながりが失われている現代に、地域活動に力を注ぐことの重要性を改めて教えていただきました。

シェアサイクルについて

那覇市議会議員の際に議会でも取り上げ、取り組みしたのですが、那覇市でも公共施設での設置を始めることになりました!!
本当によかったです!
↓当該質問をしたときの議会報告紙のダウンロードできます。
※写真はホノルルと台湾のシェアサイクルです。
以下NHKのサイトから

那覇市は、市内を移動する利便性を向上させようと、「ゆいレール」の駅の駐輪場を利用して、来月から「シェアサイクル」の取り組みを始めることになりました。これは、26日那覇市の城間市長が記者会見で発表しました。

それによりますと、市は、沖縄都市モノレール「ゆいレール」の那覇市内の壷川から古島までの7つの駅の駐輪場に、「シェアサイクル」用の自転車あわせて30台を設置します。
30台すべてに電動アシスト機能が付いていて、15分あたり80円で、12時間までは1000円で借りることができます。
スマートフォンの専用アプリで予約ができるほか、「OKICA」や「Suica」などICカードを事前に登録することで、その場でも空いている自転車を利用できるということです。
市は、この「シェアサイクル」の取り組みを、来月4日から順次始めることにしていて、今後市内全体に展開したいとしています。
NHKのニュース
公共交通の利便性を高めるということが元々のきっかけでしたが、今はコロナウイルス対策で自転車の利用も増えています。
首里(自宅近く)にステーション(ポート)があれば、自転車に乗って出勤して、帰りはバス・タクシー・モノレールを使えば飲んで帰れます♬
そうすれば、地域の消費にも貢献することができるかも!
そして、現在問題となっている自転車の放置や、川への投棄(琉球新報6月21日)などの解消にも役立つかと思います。
しかし、まだまだ自転車専用道路の整備や市民の自転車マナーの周知など課題はたくさんあるかと思いますので、そこも含めて整備をしていただければと思います。

祖母とお別れでした

【告別式も終わりましたので】

先週末に祖母、新垣美代子が他界しました。
昨日の告別式には多くの親族や友人、知人と私がお世話になっている方にもご参列いただきました。
お花をいただいたり、弔電をいただいた方も沢山いて、まだ直接ちゃんとお礼もお伝えできていませんが、本当にありがとうございます。また改めてお礼をお伝えいたします。
祖母は昭和4年生まれ数えで92歳、具志川の昆布という地で生まれ、手広く農業を営む両親のもとで育ち、幼いころはとても裕福だったそうです。
戦中はテニアンに行き看護師の勉強をし、戦火激しくなった時期に家族で入水自決をしようとしたところ、妹が浮かんでしまい、結果的に家族みんな命を取り留めたとのことでした。
戦後は沖縄に戻り、祖父と出会い、その家業である新垣菓子店で「一度死んだ身だから何でもできる」と懸命に働き、沖縄県の祖国復帰や海洋博を経て土産菓子としての「ちんすこう」の名を全国に広めたことに一役買った人物です。
商売人としての厳しさはあったものの、家族はもとより、社員も自分の子のように接し、社員からは「ママさん」と呼ばれていました。
そして、私が沖縄に戻りいろいろなところで「あなたのおばあちゃんにはお世話になったよ」と声をかけてくださる方も多く、仕事から退いても店に祖母を訪ねてくる方もたくさんいました。
いろんなところに連れて行ってくれ、私がやりたいことをいつでもやらせてくれる、本当に親バカならぬ祖母バカでした。
いつも最先端な買い物と、身だしなみには気を使い、綺麗な格好で、化粧しないと外出もしない。
などなど、限りが無いくらい思い出が沢山です。
写真は15年ほど前の写真ですが祖母を知る方のイメージはこの頃だろうと父と妻で選んだようです。
私のイメージもその通りです。
晩年は軽度の認知症を患っていたので、刺激しないようにと親族の他界をお知らせしていませんでした。
あの世では、先に亡くなった私の母や叔父、祖母の仲良しの従姉妹など「なんでここにいるの?」と不思議がっているかもしれませんね。
そして20年ぶりの祖父との七夕の夜の再会で沢山のお話しをしているのかと思います。
ばあちゃんありがとうねー!

【定員内不合格について(沖縄タイムス紙のアンケートから)】

Facebookの投稿が少し長めになってしまったのですが、大事なことなのでBlogにも書き留めておこうと思います。

夕方の新都心にて挨拶運動中、バイクの方が近寄ってきて少しおしゃべりを。
教育関係の方でした。
新聞紙面の予定候補者アンケートを見て、私に決めたと言ってくださいました。

そのアンケートとは「県立高校の定員内不合格について」
この質問は重度知的障害を持つ方が高校受験するが、その高校の定員に達しないけれども不合格となった件、貧困による学びの格差の件からだと思います。

ちなみに私の答えは△でした。

私の周りの障害を持つお子さんを育てている方との話をしたことを思い出しました。
「普通高校に行かせたい親の気持ちもわからなくはないが、特別支援学校はその名の通り支援がしっかりされている。子どもたちの将来を考えると、そこで専門的な教育を受けることも良いことだと思う」と言うことでした。

また、定員内だからと言って全てを受け入れるのであれば、教師は入学時の生徒の学力の格差の是正にもかなり頭を悩ませるのではないかと感じます(教員の知人にもそう言われました)

諸々ありますが、インクルーシブ教育の質問へは添付写真のように答えています。

様々な課題問題には、内容をまだまだ理解がなされていないこともあり、一足飛びに解決はしないものも多くあります。

この点では、まずは特別支援学校の支援の充実から、普通高校との交流を増やすこと。
これは高校だけでなく、小学校からもできます。
そして、理解度を高めていくことで、普通高校での受け入れをしやすい環境づくりをすべきだと。

また、今後の沖縄は少子化の影響の可能性もあります。
日本全国同様ですから、高校の在り方も変わるはずです。
なので、通信環境の整備や学校施設もそれを見据えての整備を。

必要なことは急ぎ取り組みますが、教員や親への働きかけも考えながら行わないと、いずれ破綻してしまいます。

また、高校だけが進路ではなく、将来の職業について真剣に考えていくと、中学卒業での早い段階で就業もありです。
ただし、いつの日か学びの意欲が出たときに、受け入れられる環境を作ることも大事です。

このような環境づくりこそが、「本当に誰も取り残さない沖縄」であるのではないかと思います。

※事務所の拭き掃除にと瑞泉酒造の78度飲料用でない泡盛をゲット!
那覇の酒蔵だけに「78なは」なんですねー(たぶん)
収束の雰囲気ですが、油断は禁物です!

しかし、腕黒いなぁ…日焼け止め重ね塗りだ。

新型コロナウイルス感染症に伴う助成金・給付金一覧

新型コロナウイルス感染症に伴う助成金・給付金等一覧
新型コロナウイルス感染症に伴う助成金・給付金等一覧

自民党沖縄県連が作成した新型コロナウイルス感染症に伴う助成金・給付金の一覧PDFです。児童手当の1万円給付は特に申請は必要ありません。

不明な点、お困りごとありましたら、ご相談承ります。

から直接お問い合わせください。

新型コロナウイルス感染症に伴う助成金・給付金一覧PDF

首里出身として首里住民として 円覚寺三門復元整備

なかなか知名度向上に向けての活動が厳しい状況です。
戸別訪問も難しい中、戸外での挨拶活動は少なからず知名度に繋がると信じ新都心にて。
4月末には珍しい寒さなのに車の窓を開けて声をかけてくれる人もいて嬉しい限りです。
選挙は落ちたら自分を信じて応援いただく皆さんの時間と努力が無に帰してしまいますので、様々なご意見はありますが、できることに愚直に取り組んでいきます。
 
昨日、4月25日(土)の沖縄タイムス1面に円覚寺の整備について取り上げられていました。
1984年策定の「首里杜構想」を「新・首里杜構想」としてリニューアル!
 
円覚寺三門や中城御殿、御茶屋御殿を整備するという流れですが、これまでの構想では2018年に円覚寺三門は完成目標となっていました。
しかし、なかなか財源が伴わずに着工には至らず、やっと着工ということになりました。それ自体は地元民としてとても喜ばしいことです。
私は今後の沖縄県の復興のシンボルとして早期に再建していくべきだと思います。
沖縄の収入の柱のひとつとして、今後も観光の強化と質を上げていくことは必須です。その材料の一つとなりうると思います。
しかし、コロナウイルス禍の後で本当に財源の確保捻出できるのか?と感じます。財源の確保の手腕が県には求められます。
 
今回火災で焼失した文化遺産も多く残った文化財の保管についてもしっかりと環境整備をしていくことも重要だと思います。
また、交通渋滞や地域にお金が落ちないという首里城観光の課題についても十分に検討した上での再建をするべく、地元首里の出身として地域の声を伝えていく、再建・整備の財源確保についても声を上げていく役割を担わせていただきたく、その覚悟はできています。
精一杯励みますので、どうか皆様のお力添えいただければ幸いです。
 
※今日(4月26日)のタイムス紙には高良倉吉先生のコメントも掲載されていましたが、整備が進むと作業がしづらくなる中で、どのように見せる再建をしていくのか、地域のものとしては非常に楽しみです。
そして第32軍司令部壕のVR活用についても記載されていたので、その公開も待ち遠しいです♪

政策チラシができました。

久々の投稿になります。

新型コロナウイルスの影響が日々大きくなっています。

私の家業の菓子屋も多分にもれず、売上が大きく下がっていることを父から聞きました。

沖縄観光が好調と言われていただけに、多くの事業所がその落差に驚き困っていると思われます。

今を乗り切ることも大事、そして今後の復興に向けての仕込みもしていかなければならない状況です。

そんな中、6月には沖縄県議会議員選挙が予定されています。

私も挑戦すべく様々なご意見をいただき、政策を策定しています。

もちろん足りないところも多いのですが、その点については今後もお話を伺いながら、取り組みをしていきたいと思います。

ぜひお話を聞かせていただければ幸いです。

そんな「新垣よしとよ」の政策について

チラシができましたのでご覧いただければ嬉しいです。

新垣よしとよ配布チラシ

夜間保育について

愛媛県松山市から来ている岡 雄也市議、岡田 教人 市議のお二人と夜間保育の視察へ行ってまいりました。
遅い時間に引き受けていただいた玉の子保育園の理事長・園長には感謝いたします。
偶然にも昼間は従姉妹の子どもを預かっているとのことで、お話の出だしから親近感も増した中、理事長と園長の子どもたちへの想いを聞かせていただき、那覇市、沖縄県でも夜間保育の必要性とそこに勤める保育士さんたちへどのように報いるのかを考えさせられました。

沖縄県の施策のわりには夜間保育は充実していないと感じます。

夜間にホテルや空港にお勤めになる方々もおり、それ以外でも夜間の業務をなさる方もいらっしゃいます。他にも物流ハブを担うのであればその部分でも夜勤は発生します。また飲食店にお勤めの方も多くいらっしゃいます。もちろん、子どもが小さなうちは家で夜を一緒に過ごすというのがベストなことは言わずもがな。しかし、実際には多くの子どもたちの保護者が夜間保育を必要としています。

夜間保育の配置基準は昼間と一緒だそうです。夜寝ている間でも何かあった緊急時の対応が必要な時には人手が必要だからでしょう。昼も夜も同様に保育士さん達は小さな命を預かっています。また、小学校に上がる前の教育まで担っているのに世の中の評価や報酬は不十分ではないかと良く耳にします。私ももう少し処遇を上げる必要があると感じています。
これは市や県だけの問題ではないと思いますが、国に上げる前に地方行政で何ができるのかをまず考え、やってみる。
沖縄、那覇市から子育て課題の解決法を発信していくことで、周りの都道府県への広がりを作ることができるのではないかと思います。
どのような取り組みをしていけば良いか考えて提案していきたいと思います。